xamppに付属のmariadbがサービス起動できない

Mariadbをサービスに登録して起動しようとするとエラーが発生して、途中で止まる。

Error:MySQL shutdown unexpectedly

……..

 

my.ini中のパス指定で’/xampp/***’となっていた箇所を’d:/xampp/***’とドライブレターを明記することで動作するようになった。


[mysqld]
port= 3306
socket = "d:/xampp/mysql/mysql.sock"
basedir = "d:/xampp/mysql" 
tmpdir = "d:/xampp/tmp" 
datadir = "d:/xampp/mysql/data"
pid_file = "mysql.pid"

NEC Mate MY28A/E-5 でvt-xを有効にする方法

ubuntu 14.10でvirtualboxをインストールし、64bitのguest OS を利用しようとしたらエラーメッセージが出て起動しなかった。

Yahooオークションで安価で購入したNEC Mate MY28A/E-5 のメモリを4GBに増設しBIOSの設定もVT-Dを有効にしているのだが64bitのゲストOSの起動が不可となる。
BIOSでvt-dを有効にしているが、OS起動後にチェックするとDisableとなってしまう。
試行錯誤した結果、Intel TXT Configuration メニューでIntel TXT Initializationを[Disable]にすることでVT-Xが有効になった。

(予備のHDDにWindows10 Preview版を入れてVirtualCheckerで確認までした)

PC起動時にF2を押す。
Advanced BIOS Setup 欄で設定を変更する。

No-Execute Memory Protection [Enabled]
Intel(R) SpeedStep(tm) tech [Enabled]
Intel(R) Virtualization Tech [Enabled]

これでUbuntu 14.10上でVirtualBOXを実行し、Redmineの入った64bit Guest OS (Ubuntu 64bit 10.04)が起動できるようになった。

※1実施いろいろ試した行為として、バックアップ電池(CR2032)を交換したり、Load Optimal DefaultsをしたりBIOSが最新になってるか?調べたり、原因判明まで8時間くらいかかりました・・・・

※2 BIOSの設定変更後は一旦電源を切る(shutdown)必要があるかもしれません。設定変更後リブートしてもOSが設定値を最新情報として検出できない挙動がありました。

【送る】へプログラムを登録する方法。windows 8.1

【WINDOWSキー】+【R】を押下し【ファイル名を指定して実行】を開く。

以下のコマンドを入力

shell:sendto

SendToフォルダが開くので、登録したいプログラムへのショートカットを張り付けて完了

エクスプローラの該当ファイルの上で【右クリック→送る】と選択することで希望のアプリケーションを開くことが可能。

RedmineをVirtualboxのubuntuで試用するメモ(Redmine Virtual Machines)

VMWareやVirtualBoxでRedmineをお手軽に試すことのできるHDDのイメージが以下のサイトで配布されています。

Redmine Virtual Machines.

個人的に良く利用しているVirtualBoxにインストールして利用できる状態になるまでの手順をメモします。

 

 イメージファイルのみダウンロードします。

 

ダウンロード(bitnami-redmine-2.6.0-3-ubuntu-14.04.zip)完了後、適当なフォルダに展開し準備します。

VirtualBoxを起動して【新規】→【仮想マシンの作成】→【名前:redmine / タイプ:Linux / バージョン:ubuntu(64bit)】として進めます。

 

 

私のPCはWindows 8.1 メモリ 12GBです。仮想マシンのメモリは2gb(2048mb)にします。

 

【すでにある仮想ハードドライブファイルを使用する】を選択し、先ほどダウンロードしたファイルの展開先でディスクイメージファイルを指定後【作成】ボタンをクリックします。

 

ネットワークアダプタの設定を【ブリッジアダプター】へ変更します。

 

DHCPでIPアドレスを自動取得できる環境であれば、仮想マシン起動後、IPアドレスを確認することでredmineへアクセスが可能となります。

bitnamiというユーザでログインして操作することができます。

初めてのログイン時にbitnamiのパスワードを変更するこができます。

※ちなみに初期のパスワードはユーザ名と同じbitnamiです。

bitnamiユーザでログイン後、パスワードの設定を行います。

ifconfigコマンドでIPアドレスを確認します。

 

ホストPC側のブラウザを起動して【http://確認したIPアドレス】で接続可能です。

ログイン時は【user/bitnami】でOKです。

 

 

 

Windows Vista への ODP 11.2.0.3.20 インストール手順

setup.exeを起動

# 【次へ】をクリック

# Oracle Data Access Components for Oracle Client 11.2.0.3.20 を選択し【次へ】をクリック

# インストール先を選択し【次へ】をクリック

 

# すべて選択解除を選択し、【次へ】をクリック

# 警告が表示されるが無視して継続

# 以下のコンポーネントが選択されているかチェックする

# 【インストール】をクリック

# インストール完了