NEC Mate MY28A/E-5 でvt-xを有効にする方法

ubuntu 14.10でvirtualboxをインストールし、64bitのguest OS を利用しようとしたらエラーメッセージが出て起動しなかった。

Yahooオークションで安価で購入したNEC Mate MY28A/E-5 のメモリを4GBに増設しBIOSの設定もVT-Dを有効にしているのだが64bitのゲストOSの起動が不可となる。
BIOSでvt-dを有効にしているが、OS起動後にチェックするとDisableとなってしまう。
試行錯誤した結果、Intel TXT Configuration メニューでIntel TXT Initializationを[Disable]にすることでVT-Xが有効になった。

(予備のHDDにWindows10 Preview版を入れてVirtualCheckerで確認までした)

PC起動時にF2を押す。
Advanced BIOS Setup 欄で設定を変更する。

No-Execute Memory Protection [Enabled]
Intel(R) SpeedStep(tm) tech [Enabled]
Intel(R) Virtualization Tech [Enabled]

これでUbuntu 14.10上でVirtualBOXを実行し、Redmineの入った64bit Guest OS (Ubuntu 64bit 10.04)が起動できるようになった。

※1実施いろいろ試した行為として、バックアップ電池(CR2032)を交換したり、Load Optimal DefaultsをしたりBIOSが最新になってるか?調べたり、原因判明まで8時間くらいかかりました・・・・

※2 BIOSの設定変更後は一旦電源を切る(shutdown)必要があるかもしれません。設定変更後リブートしてもOSが設定値を最新情報として検出できない挙動がありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です