RedmineをVirtualboxのubuntuで試用するメモ(Redmine Virtual Machines)

VMWareやVirtualBoxでRedmineをお手軽に試すことのできるHDDのイメージが以下のサイトで配布されています。

Redmine Virtual Machines.

個人的に良く利用しているVirtualBoxにインストールして利用できる状態になるまでの手順をメモします。

 

 イメージファイルのみダウンロードします。

 

ダウンロード(bitnami-redmine-2.6.0-3-ubuntu-14.04.zip)完了後、適当なフォルダに展開し準備します。

VirtualBoxを起動して【新規】→【仮想マシンの作成】→【名前:redmine / タイプ:Linux / バージョン:ubuntu(64bit)】として進めます。

 

 

私のPCはWindows 8.1 メモリ 12GBです。仮想マシンのメモリは2gb(2048mb)にします。

 

【すでにある仮想ハードドライブファイルを使用する】を選択し、先ほどダウンロードしたファイルの展開先でディスクイメージファイルを指定後【作成】ボタンをクリックします。

 

ネットワークアダプタの設定を【ブリッジアダプター】へ変更します。

 

DHCPでIPアドレスを自動取得できる環境であれば、仮想マシン起動後、IPアドレスを確認することでredmineへアクセスが可能となります。

bitnamiというユーザでログインして操作することができます。

初めてのログイン時にbitnamiのパスワードを変更するこができます。

※ちなみに初期のパスワードはユーザ名と同じbitnamiです。

bitnamiユーザでログイン後、パスワードの設定を行います。

ifconfigコマンドでIPアドレスを確認します。

 

ホストPC側のブラウザを起動して【http://確認したIPアドレス】で接続可能です。

ログイン時は【user/bitnami】でOKです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です